村上美智(むらかみ みち)


兵庫県出身、神奈川県に住んでいます。

共働きで忙しい両親の元、自分の気持ちを言えないまま、良くも悪くも目立たない、よく言えば大人しい子として育ちました。でも、小学校6年生で英語と出会い、自立した女性の憧れの象徴のような英語教師『ミセス小柳』との出会いや、それまで押し殺していた自分を、英語を通じて自由に表現できる機会を経て、表現することや自分自身への自信もついて徐々に積極的に行動できるよう変化し、高校や大学でも英語を通じて世界的な価値観を学ぶことで、家族の枠から開放されて自分らしく活躍できる場所を育てていくことができました。

新卒で入った製薬会社では、新卒入社が初という外国部門で、国際電話取り次ぎ、海外からの来訪者アテンド業務も、入社一年目から担当。幼少期とは別人のように、自信に満ち溢れていました。

でもその後、入社して数年経つと、英語を話す場面が仕事上の限られた事項に固定され始めて、息苦しくなっている自分に気がつきはじめます。その頃、唯一自分がイキイキと感じられるアテンド業務をきっかけに『通訳ガイド』という仕事に興味を持ち始め勉強を開始しました。
しかし、残念ながら、働きながらの2年間の勉強の末にも合格することなく、結婚&夫の転勤で資格へのチャレンジを諦めることになってしまいました。

結婚してからは7年間に5回も夫の異動・転職について引っ越し、小さい子を抱えて、新天地で身も心も緊張状態のままのギリギリの子育て。そんな中、長男が小学校低学年の頃チックを発症したのをきっかけに、無意識のうちに周りと比較したり周りの目を気にして、子供をコントロールしようとし、ありのままに認めてあげられていなかったことに気づいたのです。


その頃、偶然にも6歳下の長女を自由保育園に通わせるようになり、『自由保育』に出会いました。周りのお母さんたちと一緒に、なるべく子どもに寄り添う育児を実践する中で、子供を見守る同じ方針を共有している環境での子育てにとても安心感を覚えている自分がいました。自分が安心して子育てができるようになると、自然と自信のなかった長男にも変化があり、『子供のありのままを見守る』子育ての重要さを痛感する出来事でした。

 

しかし、そんな忙しい子育ての中でも、フルに五感を使って楽しめる時間がありました。それは自然な季節の野菜果物をふんだんに使った、お料理の時間。野菜果物が好きで、さらに子供や家族の健康のためにととった野菜ソムリエの資格でしたが、小さい頃、常に気にかけてくれた祖父母の畑での五感を通じた、暖かい思い出と、子育てを通じて得た『ありのままを大切にする』という気持ちが野菜果物に詰まっていることを実感し、自然への感謝や野菜果物の良さを、お母さんのお料理や子育てへのストレスを軽減するためにももっと伝えたいと思うようになっていきました。

 

その後、さらにコーチンングとの出会いで、さらに『お母さんが孤独にならず、安心感を持って”見守る子育て”ができる環境を整えること』を自分のミッションとしてやっていきたいという気持ちがどんどんと強まっていきました。

現在は、昔から得意な英語を生かし、英語コーチとして英語の苦手な方の学習サポートをする側、野菜ソムリエ&コーチとして、お母さんの育児の不安や心理的負担を軽くする、野菜料理のレシピ開発やアイデアの提供、季節の野菜を使った料理教室、お母さんが子育てのコミュニケーションを見直すことで子供の自己肯定感を高めるマザーズコーチングの提供を行っています。

 

資格

日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

株式会社アスリートフード認定 アスリートフードマイスター3級

マザーズコーチングスクール 認定マザーズティチャー

トラストコーチングスクール 認定コーチ

 

<英語関連>

実用英語検定準1級

TOEIC (L&R) 940

EPT® English Pronunciation Test   指導者レベル