発音にこだわって、と言いながら。。。

社会人になってビジネスで英語を話していて、発音まずくて通じなかった経験はありません。

どこで身につけたの?と、ネィティブに聞かれるくらい。

自慢ではなくて!!悩みなんです。

発音きちんと習ったことないまま、今に至っています。
英語デビューは小6でしたから、いわゆる早期教育でもないし、今なら児童英語で定番のフォニックスも、歌やストーリーのCDもなく。

小6の英語塾で習った日本人の先生は、発音がとても綺麗で、真似して練習するうちに、何となく身についていたというのが正直なところ。並行して、語彙のインプットは、文字から、発音記号から、英語音声脳を構築し始めた私。その後は音源あるものや英会話スクールの先生を真似て必死に耳で記憶したけど、発音記号ごとに特化して詳しくやったこともない、、、。

音で通じないと、せっかくの語彙がもったいないから発音意識しましょう!ーなぞと学習する人には伝えるのに、自分の発音について客観的なフィードバックって、もらったことがありませんでした。

このホームページを作って下さった英語講師でもある渡邊いくみさんは、先生たちの発音指導もなさっている方です。詳しくはこちらhttps://himawarioyako.com/ikumi-watanabe

いくみさんが受講歴を記して下さっていて、発音検定https://ept.or.jp/ept/なるものの存在を知りました。

しばらくフィードバックが怖くて踏み出せずにいたのですが、、、先日、受けてみました!

10分の音声通話で音読するのですが、緊張して、声がうわずったり、かすれたり。。
はづかしいこと極まりない経験は久々。

でも、新しいこと、挑戦している自分が面白いな。

何となく読んできたやり方と最近の発音意識した練習で、果たして、2週間後の結果はいかに。

また赤裸々に投稿します!

お読みいただき、有難うございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です